移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロス

移動平均線を用いたテクニカル分析には、非常に有名な「買いサイン」「売りサイン」があります。

買いサインとして有名なのがゴールデンクロス、売りサインとして有名なのがデッドクロスです。

ゴールデンクロス・デッドクロスの売買サイン

これから上昇相場に向かう時、チャートは上向きに変化し、25日移動平均線や75日移動平均線などもこれにならいます。短期移動平均線(25日線)が長期移動平均線(75日線)を下から上向きに突き抜ける時は、相場が上昇期に入ることを示すため絶好の買いサインになります(ゴールデンクロス)。

移動平均線は遅行性があるためベストなタイミングで入るのは難しいですが、一般的に上昇シグナルと判断されます。

反対に、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に割った場合は、これから下降トレンドに入ることを示唆するため、売りサインになります(デッドクロス)。

ダマシに注意

初心者向きでわかりやすいゴールデンクロス・デッドクロスですが、ダマシが多いので注意が必要です。初心者向きだからこそ、初心者を欺くために大手の機関投資家らが画策するからです。

極端な場合、「ゴールデンクロスになった途端に下がり始める」「デッドクロスになった途端に上がり始める」ということが起こります。そして、初心者が損切した頃を見計らって大手が反対のポジションを取るので、相場は反転します。

このようなダマシに引っかからないためには、オシレーター系指標など複数の指標を併用したり、トレンド反転をしっかり確認してから流れに付いていくことです。

FXは24時間取引可能なので、トレードチャンスは何度でも訪れます。焦ってダマシに惑わされないよう、落ち着いて取引しましょう。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ