FX有名メルマガ

IFD注文は新規・決済までの事前予約ができる

IFD注文とは、「If Done(イフダン)」=「もし約定したならば」という意味の英語に由来しており、新規から決済までの2つの注文を同時に発注し、新規注文が約定したら決済注文が自動的に発注される注文方法です。 2つの注文・・・

超短期売買「スキャルピング」のコツ

FXのスキャルピングとは、デイトレードのように一日の中で数十分、数時間単位の取引を繰り返すよりも更に短い時間内で売買する取引手法のことです。「ちりも積もれば…」を愚直に実践する手法とも言えます。 明確な定義はありませんが・・・

FXは少額で始められるのが最大の魅力

FXには、 24時間取引可能 短時間で利益が出せる 手数料(コスト)が安い レバレッジが効く など、たくさん魅力があります。 特に最近では、少額で始められることがクローズアップされています。 1000円でも始められる F・・・

レートを確認しながら注文できる「ストリーミング注文」

ストリーミング注文とは、配信中の為替レートをリアルタイムで確認しながら注文する方法です。 成行注文との違いはレートを常に確認した上で注文が出せることと、自分がクリックしたレートと違う価格で約定してしまう「スリッページ」の・・・

トレール注文はレートに従って注文価格が自動的に変化する

トレール注文とは、相場の値動きに合わせて注文価格が自動的に変更されていく逆指値注文のことで、新規・決済の両方に使えます。 この注文方法の目的は、為替レートをトレールする(追いかける)ことにより、決済時では最低限の利益を確・・・

FXのIFO注文は高度なリスクマネジメント術

IFO注文はOCO注文、IFD注文のイイトコどりをした注文方法で、FX業者によってはIFDOCO注文と呼ばれることもあります。 1回の注文で新規1パターン・決済2パターンの注文が設定可能となっており、新規注文が約定すると・・・

OCO注文は2つのシナリオに対応できる

OCO注文は、「One  Cancels the Other」=「片方をキャンセルする注文」のことで、種類の異なる2つの注文を同時に発注できます。買いと売りの注文を同時に出しておき、どちらかが約定すると自動的にもう片方が・・・

レバレッジを使って上手に運用

FXのような証拠金取引では「レバレッジ」の効果で、少額の資金(証拠金)があれば大きな金額を運用することができます。小さな金額で大きな金額を動かす「テコの原理」は、以前は証拠金の400倍まで使うことができましたが、現在では・・・

FXで逆指値注文を使いこなせれば一流!

逆指値注文とは、指定価格(指値)よりレートが上がったら買いエントリー、指値よりレートが下がったら売りエントリーする注文方法です。 指値注文とは反対で、わざわざ高値で買いエントリーして安値で売りエントリーするため、通常の経・・・

FXの指値注文はとっても便利!

指値注文とは、希望の為替レートまで「下がったら買う」「上がったら売る」という注文方法です。 予め、 取引したい通貨ペア 為替レート(指値:さしね) 注文枚数 買い・売り 新規・決済 注文期限 など、FXの注文時に必要とさ・・・

超重要!FXの仕組み

FXとはForeign Exchange=外国為替のことで、例えば日本の通貨である円の代わりにアメリカの通貨であるドルを手に入れるように、異なる2国間の通貨を交換(両替)することをいいます。 主に海外の企業と取引している・・・

一番オーソドックスな「成行注文」とは?

FXには他の金融商品(株取引など)では出来ない取引方法が、いくつも用意されています。基本的なものから一つずつマスターして、円滑な取引ができるようになりましょう。 はじめは、もっともポピュラーな成行注文から覚えましょう。成・・・

なぜ起こる?為替価格の変動

2015-6-8 obama hatugen hitei

為替レートは毎秒ごと、日夜関係なくリアルタイムで変動しています。なぜこんなにも忙しく変わるのでしょう?その理由は主に4つに分類されます。 需要と供給のバランス ファンダメンタルズ 世界各国の金融政策など その他の要因 で・・・

RSIの50%ラインを駆使したデイトレード

RSIは、買われ過ぎ売られ過ぎがわかるオシレータ系指標です。 為替相場の天井、大底の近さをパーセンテージで表示しているとも言えます。 0~100%の範囲内で上下動を繰り返しており、50%=ニュートラルな状態、0や100に・・・

RSIのダイバージェンス(コンバージェンス)はトレンド転換の前兆

RSIのようなオシレーター指標では、「ダイバージェンス」や「コンバージェンス」と呼ばれる状態が時々見られます。 ダイバージェンスとは、FXのレートが上昇しているのにRSIが下降する状態で、反対にレートが下降しているのにR・・・

RSIの見方、特徴

RSIとは、Relative Strength Indexの略称で「相対力指数」と訳され、為替価格の上昇・下落のどちらの勢いが強いのか教えてくれるオシレーター系テクニカル指標の一つです。 J.W.ワイルダーによって考案さ・・・

MACDのダイバージェンスはトレンド転換のサイン

MACDなどのオシレータ系指標では、「ダイバージェンス」発生時がトレンド転換のサインになります。 ダイバージェンスとは逆行現象のことですが、決して珍しいものではなく比較的よく発生しています。   MACDのライ・・・

MACDの売りサイン

MACDは、移動平均線から導き出されるオシレーター系のテクニカル指標です。 トレンドの継続・終了を見極めやすいため、FX初心者向けの指標といえます。 ダマシが発生することもありますが、ボリンジャーバンド等、ほかの指標と組・・・

MACDの買いシグナル

MACDは長期移動平均線と短期移動平均線から算出されるオシレーター系指標の一つで、FXでは順張りの売買シグナルとして人気があります。 ダマシもありますがトレンドの継続・反転シグナルとして使いやすいので、他のテクニカルと併・・・

MACDとはどのような指標なのか、MACDの特徴

MACDとは、売られすぎ、買われすぎの判断材料として使われるオシレーター系のテクニカル指標です。 MACD(Moving Average Convergence Divergence Trading Method)は「移・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ