オシレーター系指標

MACD

MACDの特徴

MACDの買いシグナル

MACDの売りシグナル

MACDのダイバージェンスとは?

 

RSI

RSIの見方と特徴

RSIのコンバージェンスとは?

RSIの50%ラインを駆使したデイトレード手法

 

DMI

DMIを使ったトレンド転換予想

ADXの見方と使い方・特徴

 

 

オシレーター系指標は単独では効果がありません。トレンド系指標やチャートなどと併用することで、最大の効果を発揮してくれます。

しかし、FXトレーダーによっては売買判断をDMI単独で使いながら勝ち続けるなど、オシレーター系の能力は未知数です。

相場環境によって使い分けたり組み合わせを変えるなどして、自分にとっての”勝ちパターン””相性の良い指標”を見つけてください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ