RSIのダイバージェンス(コンバージェンス)はトレンド転換の前兆

RSIのようなオシレーター指標では、「ダイバージェンス」や「コンバージェンス」と呼ばれる状態が時々見られます。

ダイバージェンスとは、FXのレートが上昇しているのにRSIが下降する状態で、反対にレートが下降しているのにRSIが上昇する状態がコンバージェンスです。

ダイバージェンスやコンバージェンスが発生すると、RSIが示しているトレンド方向にレートが動いていきます。

つまり、FXのトレンドが転換して今までとは逆方向へ進むことを示唆しており、ダイバージェンス=トレンド転換のサインとなります。

ダイバージェンスやコンバージェンスが連続で発生した時や、それぞれのトレンドが大きい時ほどトレンド転換の度合いも激しくなると覚悟しましょう。

FXトレードのコツとして、ダイバージェンス発生時にポジションを持っている時は決済したり部分売りすることでリスクヘッジし、明確なトレンドの変化が見られたら新規エントリーすることです。

ダイバージェンス(コンバージェンス)=トレードチャンスとは限らない

ダイバージェンス、コンバージェンスにはダマシもありますし、連続で発生することもあります。

1回の発生ですぐにトレードするのではなく、RSI以外の指標も参考にしたりチャートを確認するなどして、より精度の高いトレードを心掛けましょう。FXは何回でもトレードチャンスがあるので、焦らずに取引することが大切です。

はじめはダマシに引っかかることがあるかもしれませんが、自力で分析することを繰り返せば騙されることも減っていきます。

ダイバージェンスは、「後付けのサイン」や「誤作動」と表現する人も多いですが、RSIのような逆張り指標における弱点を補うための判断材料として活用することも、あなたのFXに対する知識やトレード手法の幅を広げるのに役立つことでしょう。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ