MACDの売りサイン

MACDは、移動平均線から導き出されるオシレーター系のテクニカル指標です。

トレンドの継続・終了を見極めやすいため、FX初心者向けの指標といえます。

ダマシが発生することもありますが、ボリンジャーバンド等、ほかの指標と組み合わせて見ることで精度の高いトレードが可能です。

MACDの売りサインには、

  1. MACDがシグナルを下抜け
  2. MACDがゼロラインを割った時
  3. ダイバージェンス発生時

があります。

これらのサインが出た時には売りエントリーで仕掛けるか、買いポジションの利益確定をしましょう。

MACDがシグナルを下抜け

MACDとシグナル(MACDの移動平均線)のデッドクロスが発生した時は、売りサインです。

特にMACDが0より上の位置でデッドクロスが発生した場合、上昇トレンドの勢いがなくなり、これから下降トレンドに移ることを示しています。

そのため、買いポジションを持っている場合は利確するなどして、下降トレンドに備えましょう。

MACDがゼロラインを割った時

MACDは基本的に、

  • 0より上にある時=上昇トレンド継続中
  • 0より下にある時=下降トレンド継続中

を示しているので、「MACDがゼロラインがを割った時」が下降トレンドの始まり=売りエントリーのチャンスとなります。

ダイバージェンス発生時

ダイバージェンスとは逆行現象のことで、為替価格のトレンドとMACDのトレンドが反対方向に進む現象です。

このような場合、為替価格のトレンドが転換してMACDの示すトレンドに従う傾向にありますが、ダイバージェンスは2回、3回と続くこともあります。

そのため、他のテクニカル指標も参考にしながらトレードするなど、精度の高い取引を心がけてください。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ