MACDとはどのような指標なのか、MACDの特徴

MACDとは、売られすぎ、買われすぎの判断材料として使われるオシレーター系のテクニカル指標です。

MACD(Moving Average Convergence Divergence Trading Method)は「移動平均収束拡散手法」と訳され、移動平均線をベースに2本のラインの乖離を示すことで売買判断します。

1979年にジェラルド・アペルよって開発されたのですが、値動きに敏感に反応するMACDはトレンド転換に対応するのに最適であり、尚且つ比較的精度が高く、しかも、相場の動きよりも先んじて動く特徴があるため、投資家達の間では人気があります。

MACDの売買シグナル

MACDを活用したトレードでは、「シグナル(MACDの移動平均)」と呼ばれるラインとMACDを併用した売買判断、及び、MACDがゼロラインの上・下どちらにあるかで判断するのが基本です。

MACDとシグナルラインのクロス、MACDとゼロラインのクロス、MACDやシグナル線の方向の転換、ゼロラインからの乖離率などが判断の目安になっています。

また、MACDが前回反転したポイント、ゼロラインの前後も反転することが多いので、これらの特徴を活かしてトレードしましょう。

 

MACDの欠点

MACDは相場の上昇・下落の勢いから売買判断する指標ですが全ての相場環境に対応しているわけではなく、相場が急変している場面では売買サインが遅れることがあります。

そのため、MACDだけで売買を判断するのではなく、他の指標と組み合わせたり相場が落ち着いてから仕掛けるなど、より精度の高い取引を心がけましょう。

特にドル/円が一日で数円も動くようなボラティリティの大きい相場環境は数日間続くこともあり、焦って取引すると大ヤケドの原因になりますので注意が必要です。

また、MACDはもみ合い相場や緩やかなトレンド相場では頻繁に売買サインが出るために上手く機能しません。

このような相場局面では、別のテクニカル指標を使うなどして対処してください。

MACDを使ったトレードは順張りが基本

MACDを活用したトレードでは、順張りが有利となります。

売買シグナルの発生が遅れがちなオシレーター系指標なので移動平均線を併用するなどしてトレンドを把握し、トレンドの方向とMACDの売買シグナルが一致した時に仕掛け、MACDの売りシグナルが出たら手仕舞いすることで精度の高いトレードができるのです。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ