MACDの買いシグナル

MACDは長期移動平均線と短期移動平均線から算出されるオシレーター系指標の一つで、FXでは順張りの売買シグナルとして人気があります。

ダマシもありますがトレンドの継続・反転シグナルとして使いやすいので、他のテクニカルと併用するなどしてトレード精度を高めましょう。

MACDの買いシグナルとして、

  1. MACDがシグナルを上抜けたとき
  2. MACDがゼロラインを超えたとき
  3. ダイバージェンス発生時

の3つが有名です。

買いシグナルが出たらロングポジションのチャンスですから、買い目線でトレードして問題はないでしょう。

MACDがシグナルを上抜けたとき

MACDとシグナル(MACDの移動平均線)のゴールデンクロスが発生した時は、買いエントリーのチャンスになります。

MACDが0よりも下方でゴールデンクロスになれば、下降トレンドの終焉と上昇トレンドの開始を示唆しているので、絶好の買い場です。

MACDがゼロライン超え

MACDは、

  • 0より上方に位置する=上昇トレンド継続中
  • 0より下方に位置する=下降トレンド継続中

を表しています。

しかし、MACDは売買シグナルが遅れて現れる傾向があるため、「MACDがゼロラインを上抜いた時」が買いエントリーの一番のチャンスと言えるでしょう。

このようなチャンスを見逃さずに取引できれば、初心者でもFXで大きな利益を出すことができます。

ダイバージェンス発生時

ダイバージェンスとは、高値圏(安値圏)で以前の為替レートよりも上昇(下降)しているにもかかわらず、MACDが以前の高値(安値)をつけた時よりも下(上)に位置する現象のことです。

レートとMACDのトレンドがダイバージェンスを示したときには、その後レートが大きく反発してMACDが示すトレンドの方向に動く可能性が高いため、売買チャンスになります。

 

MACDはFX初心者でも使いやすい指標ですが、あくまでもトレードする参考の一つにすぎません。ADX移動平均線なども活用して、ダマシを回避しながら取引して下さい。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ