スワップポイントとは?

スワップポイントとは、通貨を取引する際に得られる金利のようなものです。取引する通貨は発行国ごとに政策金利が異なるため、その差額をスワップポイントとして受け取る(支払う)ことになります。

例えば日本の政策金利が1%、買いエントリーする外貨の金利が3%だとします。

この場合、金利差の2%分がスワップポイントです。政策金利は年率で表示されるため、一日持ち越すごとに日割り計算のスワップポイントが付与されます。当然、売りエントリーした場合には、毎日スワップポイントを支払うことになるので注意が必要です。

日本は金利が低いためFXで買いエントリーすると有利なことが多いですが、日本より低金利国の通貨を取引する場合は、売りエントリーすることでスワップポイントを受け取ることができます。

dmm swap panel

DMM証券のプライスパネルを一例として掲載しますが、各通貨ペアごとかなりの差が見られます。スワップポイントがマイナス表示の通貨ペア・取引は毎日支払うことになるので注意が必要です。

新興国通貨や政情不安な国の通貨などは金利が高めに設定されているため、アフリカランドやオーストラリアドル、ニュージーランドドルを買いエントリーで取引すると、金利差が大きいのでスワップポイントが多く貰えます。

反対に、アメリカドルなどの新興国通貨は政策金利が日本とあまり変わらないので、スワップポイントも少ないままです。

スワップポイントは毎日変わる

金利は基本的に固定制で、変更される機会はほとんど無いと思う方が多いと思いますが、金利は毎日少しづつ変更されています。

そのため、スワップポイントも毎日僅かに変更されており、FX業者ではスワップカレンダーで一日ごとに変わるスワップポイントを公開しています。FX業者ごとにスワップポイントが異なる場合があるので口座開設の際は比較・検討してみてください。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ