アジア最大、東京市場(東京時間)の特徴

24時間取引可能なFXですが取引時間帯ごとに値動きや市場参加者が違い、それぞれに特徴が出てきます。

なかでも8時〜17時が取引時間の東京市場はアジア圏最大の規模を誇り、ニューヨーク、ロンドンと並ぶ世界三大市場の一つです。

東京市場の特徴

東京市場の特徴は、ドル/円がメインの実需筋が主体となって相場が形成されることです。

実需筋とは、貿易関係の企業が外国企業と商品を売買するために為替取引(両替)することで、為替差益を狙ったFXのようなトレードとは性格が異なります。

為替レート、取引高には日本企業の景気の善し悪しも反映されるので、景気動向にも注意が必要です。

東京市場が始まると、

  • 輸出企業=ドル売り
  • 輸入企業=ドル買い

をするため決済(反対売買)の必要がなく、為替レートは一方向に進みやすくなります。この動きは9時55分の仲値まで続きますが、仲値を過ぎると一定の範囲内で上下を繰り返すレンジ相場になりやすいです。

値動きも比較的ゆっくりなので、FXでは小さな利益を積み上げることしかできません。

ゴトー日(5,10日)はドル高になる

日本人は5や10が付くキリの良い日付を取引の決済日にすることが多く、毎月5、10、15、20、25、30日はドルの需要が高まりレートが上がりやすい(円安・ドル高)という特徴があります。

しかし、これはあくまでも”傾向”なので、一概にゴトー日にドル高になるというわけではありません。

経済指標に注目

経済指標が発表された時にも東京市場のレートは大きく動きます。

特に中国、オーストラリアの失業率や政策金利が発表された時、日銀の金融政策が発表された時には思いもよらない値動きをすることがあるので注意が必要です。

 

東京市場だけでなく、ロンドンやニューヨーク市場にもそれぞれ特徴があります。

特に時間的な特徴をうまく利用して、FXの勝率を上げてください。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ