超重要!FXの仕組み

FXとはForeign Exchange=外国為替のことで、例えば日本の通貨である円の代わりにアメリカの通貨であるドルを手に入れるように、異なる2国間の通貨を交換(両替)することをいいます。

主に海外の企業と取引している企業(自動車、服飾など)が相手先企業との支払いをする際に利用されてきました。このサイトではFXのうち、レバレッジを効かせることで少額で大きな金額の取引をする、外国為替証拠金取引のことを扱っています。

「外国為替証拠金取引」とは、FXを取り扱っている業者に証拠金と呼ばれるお金を預け、証拠金を元手にして多額の通貨を売買する取引です。日本では1998年に法律改正されたことが発端となり、個人でも簡単に取引できるようになりました。

買うか?売るか?

外国為替市場では通貨の価格変動が頻繁に起こります。一定の時間で比較した「円高」「円安」という表現も価格変動に由来します。

FXでは特定の通貨ペアのうち、

  • どちらかの通貨を買って、価格変動により値上がりした時に売る
  • どちらかの通貨を売って、価格変動により値下がりした時に買い戻す

ことで、価格差の分だけ利益を得ることが目的です。

ドル/円の通貨ペアで取引するのであれば、ドルが値上がりすると思ったら「買い」で取引を始め、値下がりすると思ったら「売り」から開始します。

例えば現在のドル価格が1ドル=120円だとすると、今後1ドル=125円くらいまで値上がりすると思えば買いで取引を始め、反対に1ドル=115円まで値下がりすると考えるなら売りで始めます。FXは価格差が利益(損失)になるため、現金でドルを保有していなくても「売り」から取引することが可能です。

通貨ペアにはドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドル、ポンド/円など複数の通貨ペアがありますが、経済情報(ニュース)の取りやすさや情報の多さから先進国通貨での取引が人気なので、初めはドル/円などから始めるのが良いでしょう。

 


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ