最低限知っておきたいFXのリスク

投資の世界ではリスク=リターン(利益)と言われています。ある金額の投資利益が得られた場合、それと同額の損失を受けるリスクを負っているということです。

FXは少額から始めることができるため、資金の少ない若者や一般家庭の主婦にも人気がありますが、利益にばかり注目するあまり同額のリスクについては目を背けがちです。

着実に資金を増やしていくためにも、FXのリスクを把握しておきましょう。

朝起きたら億万長者?大借金?

FXは個人口座でも最大25倍までのレバレッジを掛けて資金を運用できます。本来、持っていない金額を運用していることを忘れ、自制の利かない取引をすると大損することになります。

短期間で数十万円の元手から1000万円以上を稼いだ猛者もいますが、大部分のトレーダーは自分で損失を補填できないくらいの損失をだしたりします。「寝る前に注文を出しておき、朝起きたら一文無しになっていた」という話もあるくらいです。

為替の値動きは通貨ペアや経済発表の前後、企業の決算月が多い・少ない月、一日の間でも時間帯によって全然違います。「今の値動きなら大丈夫だろう」という気の緩みが取り返しの付かないことにつながるのです。

FX各社では、こういった大損のリスクを減らして顧客の資金を守るためにロスカットルールなどを設定していますが、それでも間に合わないくらい急激に為替が変動すると、最悪の場合、口座資金がマイナスになり借金を負うことになります。

株取引のようにストップ安・ストップ高が存在しないので、FXでは自分で決めたルールに従って、自己資金をしっかりと管理してください。

  • 余裕資金で運用する
  • 取引ルールを堅実に守る
  • 「最悪の場合」を想定して取引する

ことで大損は避けられます。

「自分が欲しい利益はいくらか?その金額は自分にとって受容できるリスクの範囲内か?」常に意識しましょう。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ