個人トレーダーがFXで生き残るための戦略

個人でも気軽にFX取引ができる時代ですが、FXの参加者が増えても最後には資金を減らして、9割の個人トレーダーが退場すると言われています。

個人トレーダーがFXの世界で自己資金を守り通し、さらには資金を増やしていくために取るべき基本的な戦略を説明します。

相場を動かすのは個人ではない

まず始めに知っておいて欲しいことは、為替相場の主役は我々のような個人のトレーダーではないということです。国家や企業、ヘッジファンド、機関投資家などの、まとまった資金を運用できる人たちが主役です。

彼らは、個人トレーダーが1,000人単位で束になっても敵わないほど多額の資金を運用しています。特にヘッジファンドなどの投機筋は個人トレーダーを標的とし、個人トレーダーが相場に入金したお金を相場から引き出すことに全力を注いでいます。

例えば、個人トレーダーが買ったタイミングで売りを仕掛け、ロスカットする価格まで相場を下げるために大量の資金を動かすのです。

このような「主役」に逆らっても、カモにされるだけで絶対に勝てません。

個人トレーダーの戦い方

では、どうすれば良いのか?結論は、「勝とうとしないこと」です。

主役たちのポジションに逆らわず、彼らが作った流れについていきます。それだけで無駄な敗北を避けるとともに、利益を受け取り続けることが可能です。

明らかなトレンドが発生した時や、経済発表などのイベントでレートが大変動する時以外は取引を控えるなど、個人ならではの戦い方で相場を生き抜いて下さい。

資金力、情報の収集・分析力、どれをとっても個人トレーダーが主役に勝てる見込みはありません。彼らのような勝ち組・主役に従うことが、FXで生き抜くための正しい戦略となります。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ