FXのメリットはこんなにたくさんある!

FXは外貨(外国の通貨)を取引する投資商品ですが、昔は外貨を扱えるのは外貨預金か外貨建て債権くらいしかありませんでした。

これらの投資商品は、

  • 為替手数料(コスト)が高い
  • 為替レートの変動が一日一回に限定されている
  • 金利は一定期間が経過しないと受け取れない

といった特徴があり、資産運用するうえでのメリットが少ないため個人投資家の間で敬遠されていました。しかし、FXの普及がこのような問題点を一掃したのです。

FXは主に異なる通貨間の為替差益を狙う投資商品ですが、

  1. 為替手数料が安い
  2. 為替レートはリアルタイムで更新される
  3. スワップポイント収入が付く
  4. レバレッジが効く
  5. 売りからでも取引できる
  6. 24時間、いつでも・どこでも取引可能

という、かつては考えられなかったようなメリットがあるため、人気が急騰しています。

1、為替手数料の安さ

外貨預金では、ドル/円の通貨ペアで1ドルあたり9銭程度の手数料が掛かります。しかし、FXでは手数料が1銭程度まで安くなっており、0.3銭というFX業者もあります。

お金を殖やす際には短期・長期に関係なく、投資にかかるコストは低く抑えたいものです。手数料の面から見ると、外貨投資の中でFXは最高の投資商品と言えます。

2、レートがリアルタイム更新

投資で重要な要素の一つに「タイミング」があります。買いたい、売りたいと思ったタイミングで取引できないければ大きな損失を被る恐れがあるからです。

インターネットの普及もあり現在ではリアルタイムでレートが更新され、自分の自分の好きなタイミングで売買できます。また、このことは「流動性が高い」ことを示しており、投資商品としての付加価値があります。

3、スワップポイント収入

スワップポイントとは2国間の金利差額のことで、金利が低い日本円を利率が高いドルなど他国の通貨に変えた場合、その金利差を毎日受け取ることができます。

他の外貨投資では一定期間が経過しないと解約できず(流動性が低い)、金利差額は注目されていませんでした。しかしFXでは、毎日決まった時間になると自分が取引中の通貨に対するスワップポイントが付利されるため、毎日金利が獲得できるメリットがあります。

4、レバレッジが効く

FXでは、「レバレッジ(てこの原理)」によって一定の証拠金を預けることで多額の資金を取引することが可能です。これは外貨建て金融商品の中でFXだけの特徴でありメリットです。

レバレッジは、日本国内では個人口座で25倍まで掛けられます。少額の資金から取引できますしレバレッジの倍率は自由に設定可能なため、自分の負えるリスクの範囲内で投資が出来るのです。

5、売りからでも取引可能

普通の金融商品は「買う」ことで値上がり分の利益を狙いますが、FXでは商品を持っていなくても「売り」から取引できるメリットがあります。

「売り」からの取引では値下がりした分だけ利益になるので、日々、為替レートが変動する中では取引チャンスが無限大に広がりますが、これはFXのような信用取引ならではのメリットです。

6、いつでも・どこでも取引可能

多くのFX会社ではインターネット取引が出来るため、ネットに接続できれば24時間、いつでも・どこでも取引可能です。スマートフォンを使って通勤中に取引する人や、仕事が終わってから夜中に副業で取引する人も増えています。

 

主なメリットだけでもこんなにたくさんあります!興味が無いメリットもあるかもしれませんが、メリットが多いに越したことはありません。

せっかくですから使えるメリットは上手に活用して、資産運用してください。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ