レートを確認しながら注文できる「ストリーミング注文」

ストリーミング注文とは、配信中の為替レートをリアルタイムで確認しながら注文する方法です。

成行注文との違いはレートを常に確認した上で注文が出せることと、自分がクリックしたレートと違う価格で約定してしまう「スリッページ」の範囲を任意に設定できることです。

スリッページとは?

スリッページとはストリーミング注文ならではの設定で、表示されているレートと実際に約定するレートの「ズレ」のことです。

為替レートは絶えず変化し続けているのでレートを確認しながら注文しても、希望するレートでクリックする瞬間に実勢価格が変わっていることがあります。通信環境が悪いとこの差は更に顕著になります。

相場が乱高下している場面では、この差は命取りになりえるため、許容できる範囲内でこの「ズレ」をコントロールするのです。

スリッページを設定しておくことで実勢レートが不利な方へ変動していた場合でも、設定したスリッページの範囲内で約定されます。思いがけず悪い条件で約定するのを防ぐのです。

反対に、有利な方向にズレた場合には、スリッページの範囲に関わらず実勢レートで約定されます。

そして、スリッページを超える範囲で実勢レートが変動した場合、注文は失効となり約定しません。

ストリーミング注文の注意点

ストリーミング注文は、成行注文にリスク管理の概念が加わった注文となります。値動きが激しい相場では、必ずスリッページを設定して相場急変のリスクに備えて下さい。

また、損切りする場面ではストリーミング注文は不向きです。スリッページを超えた範囲でレートが動くこともあるので、「約定しないリスク」を考えて成行注文にしましょう。成行注文は「とにかく逃げる」ときに最適な注文です。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ