FXで逆指値注文を使いこなせれば一流!

逆指値注文とは、指定価格(指値)よりレートが上がったら買いエントリー、指値よりレートが下がったら売りエントリーする注文方法です。

指値注文とは反対で、わざわざ高値で買いエントリーして安値で売りエントリーするため、通常の経済感覚の人には理解できない(一部の稼げるトレーダーの思考に近い)かもしれません。

しかし、強いトレンドが発生した際、その流れに便乗することができるため、初心者でも利益が出しやすい順張り用の注文方法と言えます。
短期で稼げるOCOダブル逆指値注文

逆指値注文は決済向き

FXの実際の取引では、逆指値を利益確定、もしくは損切り(ストップロス)にも活用します。

トレンドに乗ってロングポジションを持っている時に充分な含み益が出ている場合、このままトレンドが続いて利益が膨らみ続けるのか、それとも下降トレンドになるのか判断が付かないことがあります。

そのような時は、許容できる下落幅で逆指値を発注します。トレンドが続けば逆指値は約定しませんし、下降トレンドに入った場合は含み益が少し減るだけで利確できます。

ストップロスに使う場合

ストップロスに使う際はポジションを持った後、すぐに自分で決めたロスカット価格に逆指値注文を入れます。

たとえばロングでポジションを持った場合、エントリー価格より低い価格に売りで逆指値注文を発注します。ストップロスまでレートが下がらなければ、上昇トレンドに乗るので期待通りの利益が出せますが、建玉後すぐにレートが下がった時、数分後には上昇に転じる場合もあるため、すぐに損切りできない人も多いものです。

逆指値を注文することで、期待通りの利益を出す可能性を残しつつ損失を限定することもできるので、状況によって使い分けてください。


FX有名メルマガ

サブコンテンツ

このページの先頭へ