「FX初心者」の記事一覧

FXで誤発注した時の対処法

FXには様々な通貨ペアと発注(オーダー)方法があり、しかもそれぞれが買いと売りで注文できるため初心者の間はとても混乱します。 そのため、FX初心者がする定番の失敗は発注ミス(誤発注)です。 FXには成行、ストリーミング、・・・

強制ロスカットは最後通告

強制ロスカットとは、証拠金維持率が基準値(ロスカットレベル)以下に下がった時に強制決済される仕組みで、マージンカットと呼ばれることもあります。 多くのFX業者では強制ロスカットされる前にマージンコール(追証)が届きます(・・・

IFD注文は新規・決済までの事前予約ができる

IFD注文とは、「If Done(イフダン)」=「もし約定したならば」という意味の英語に由来しており、新規から決済までの2つの注文を同時に発注し、新規注文が約定したら決済注文が自動的に発注される注文方法です。 2つの注文・・・

レートを確認しながら注文できる「ストリーミング注文」

ストリーミング注文とは、配信中の為替レートをリアルタイムで確認しながら注文する方法です。 成行注文との違いはレートを常に確認した上で注文が出せることと、自分がクリックしたレートと違う価格で約定してしまう「スリッページ」の・・・

トレール注文はレートに従って注文価格が自動的に変化する

トレール注文とは、相場の値動きに合わせて注文価格が自動的に変更されていく逆指値注文のことで、新規・決済の両方に使えます。 この注文方法の目的は、為替レートをトレールする(追いかける)ことにより、決済時では最低限の利益を確・・・

FXのIFO注文は高度なリスクマネジメント術

IFO注文はOCO注文、IFD注文のイイトコどりをした注文方法で、FX業者によってはIFDOCO注文と呼ばれることもあります。 1回の注文で新規1パターン・決済2パターンの注文が設定可能となっており、新規注文が約定すると・・・

OCO注文は2つのシナリオに対応できる

OCO注文は、「One  Cancels the Other」=「片方をキャンセルする注文」のことで、種類の異なる2つの注文を同時に発注できます。買いと売りの注文を同時に出しておき、どちらかが約定すると自動的にもう片方が・・・

FXで逆指値注文を使いこなせれば一流!

逆指値注文とは、指定価格(指値)よりレートが上がったら買いエントリー、指値よりレートが下がったら売りエントリーする注文方法です。 指値注文とは反対で、わざわざ高値で買いエントリーして安値で売りエントリーするため、通常の経・・・

FXの指値注文はとっても便利!

指値注文とは、希望の為替レートまで「下がったら買う」「上がったら売る」という注文方法です。 予め、 取引したい通貨ペア 為替レート(指値:さしね) 注文枚数 買い・売り 新規・決済 注文期限 など、FXの注文時に必要とさ・・・

一番オーソドックスな「成行注文」とは?

FXには他の金融商品(株取引など)では出来ない取引方法が、いくつも用意されています。基本的なものから一つずつマスターして、円滑な取引ができるようになりましょう。 はじめは、もっともポピュラーな成行注文から覚えましょう。成・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ